logo.jpg

マルチスライスCT

コンピュータ断層撮影装置
ProSpeed FⅡ
prospeed-250.jpg
当クリニックに導入したマルチスライスCT

●高精彩、高範囲3D表示
1mmスライスDualHelicalは30秒で9cmの広範囲を撮影できますので頭部血管3DアンギオCTでも広範囲をカバーします。3mmスライスDualHelicalは30秒で270mmの広範囲をカバーできますので体幹部や解離性動脈瘤、整形など広域な3Dが可能です。このようにHiLight Dual Detectorは一度に広範囲なボリューム連続データの収集を実現し、より最適な3D診断が可能となります。

●Dynamic Scan
5mmスライスで15cmを10秒で撮影できますので造影効果のピーク時を的確に狙えます。また、広範囲を短時間で撮影できますのでMulti Phase Dunamic Scanに余裕ができます。

●GE製 HiLight Dual Detector
ProSpeed FII(Dual CT)専用に新開発されたHiLight Dual Detectorは、高い変換効率とMulti Detector特有の隔壁ロスをなくし、スクリーニングから精査までを効率よく、高質な検査を実現します。

●0.6mm高分解能スライス
HiLight Dual Detectorを採用することで高品質の極薄スライス画像データを収集することができます。耳小骨や微細構造を把握する再に室の高分解能画像を提供します。

●その実力は6MHUに匹敵・GE製2.0MHU小焦点・高冷却管球搭載
画質・連続照射能力・経済性の3つのベストバランスを実現する新開発Dual CT Tube。管球焦点寸法を0.6mm×0.7mmとすることでHiLight Dual Detectorとのベストマッチングを図ることにより高画質を実現しています。200mA連続30秒照射のパフォーマンスをHiLight Dual Detectorとのベストマッチングを図ることにより、Single CTの6MHUに匹敵する実力を発揮しています。しかも自社製2MHU管球だから経済的です。

●Active Forcal Tracking
X線管球はターゲットの膨張収により微妙にビームの中心がディテクターのセンターからずれていまします。Multi CTではSingle CTと異なり、X線ビームを常にセンターに照射しておく必要があります。ProSpeed FIIでは、ターゲットの膨張に伴うビームのずれを補正する技術を搭載し、無駄被曝を与えることなく常に高品質の画像を提供できる技術を開発しています。

●Dual Image Addition(DIA)
【脳底部アーチファクト除去】
頭部診断領域で脳底部のアーチファクトの出やすい部位では、2mmスライスで2列同時に画像データを収集でき、2画像を加算し4mmスライスとして画像表示することで、パーシャルボリューム効果を抑制し、且つSNの高い高品質な画像を提供できます。
【高コントラストHigh-Resolution】
肺野領域の精密検査でHigh-Resolution Imageは0.6mmスライスで2列同時収集し、画像加算することで1.2mmスライスのSNの良い高精査画像を提供します。

超音波診断装置

超音波診断システム「Xario200」
xario200ex.jpg

※Xario 200が2013年度グッドデザイン賞を受賞しました。

当院では2014年3月より最新型東芝社製超音波画像診断装置を導入し先進技術によるクラス最高画質で膀胱や腎臓、前立腺等の臓器を診断致します。

■ 東芝独自のTwin Pulserを搭載し二つの送信回路を駆使し最適な送信を行います
■ ApliPureによりコントラスト分解能を高め臓器組織を詳細に観察できます
■ 更に組織の境界の視認性を高めるPrecision Imagingや2つの周波数を合成して送信しその差音と高調波によるハーモニック成分を抽出し画像化させるDifferential-THIにより深部まで高い分解能が得られ画像診断に大きく貢献します

膀胱炎

■誘因
膀胱炎は、20歳から40歳の女性に多く認められます。 原因は細菌が膀胱の中に侵入して増殖して発症します。過度の排尿の我慢、性交、過労、生理、帯下、便秘、濃縮尿(水分摂取不足、過度の発汗)、局所の不潔などが誘因となります。

■症状
排尿痛、頻尿、尿混濁が主な症状で、急性の場合にはこれらの症状は激しいのが特徴です。この他には残尿感、下腹部痛、血尿などもみられます。普通、発熱を伴いません。
<三つの特徴>
排尿痛(排尿時の痛み)
頻尿(トイレに行く回数が増える)
尿混濁(尿が濁る)

■治療
細菌感染によって起こるので抗菌薬を使って治療します。同時に安静と保温が大切です。症状がなくなれば入浴は差しつかえありません。また、水分を多めにとり、便通に注意し、アルコールや香辛料などの刺激物は避けましょう。この病気はしばしば再燃や再発を起こします。急性膀胱炎は1日~3日間の抗菌薬の投与で治ります。

■再発防止のための注意事項
・尿意を感じたら、すぐにトイレに行き、排尿を我慢しない。
・水、お茶、ウーロン茶などでできるだけ水分を多くとる。
・外陰部を清潔に保つ。特に生理の時は注意する。
・トイレットペーパーは前から後ろへ拭くように使う。
・衣類、入浴などに気を配り、体、とくに下腹部、骨盤部を冷やさないようにする。
・便秘しないように気をつける。
・セックスのあとを清潔にし、排尿する。
・過労は避ける

CONTACT

お電話お問い合わせ:診療受付時間内にお願いします。

お気軽にお問い合わせください。

岩澤クリニックに電話する